YUKI LIFE

私らしい暮らしの提案を発信していきます

マインド

卓球から学んだこと

投稿日:2015-11-16 更新日:

卓球

 

 

こんにちはYUKIです

 

今日は小学生の頃からずっと続けていたスポーツ

 

『卓球』から学んだことについてのお話です。

 

 

卓球というと野球やサッカーほど

 

メジャーなスポーツではありませんが、

 

自分の母親が学生時代、

 

卓球の全国選手だったこともあり、

 

私と兄は小学生の頃から

 

ラケットを持たされ

 

母から卓球を教わっていました。

 

母の仕事が終わって食事を済ませ、

 

19時からスポーツセンターで毎日2時間の練習です。

 

 

そこに来ていた全日本強化合宿参加経験のある方から

 

認められ、1年近く専属でコーチを受けていました。

 

 

当時、たくさんの小中学生の中から

 

どうして自分が選ばれたのか?

 

 

フォームがきれいだったこと、

 

基本に忠実に練習していたので

 

上達するために必要な基礎ができていたからだそうです。

 

 

これは母が小手先の卓球ではなく、

 

ボールがバウンドする頂点を

 

直角にジャストミートさせて振り抜くこと。

 

常にコーナーを狙うこと、

 

腕の力だけじゃなく、

 

腰を強化して球に体重をかけること、

 

これらを徹底的に教えてくれたからだと思います。

 

 

加えて、身長が高いこともとても有利だと言われました。

 

当時小学6年生の私の身長は160センチ!

 

背の高い女子は、

 

そのことがコンプレックスになりがちですが、

 

自分はそのおかげで

 

他の人より優位な立場に立てたわけで

 

むしろ得をした気分でしたね。

 

 

練習も覚えが良かったようで、

 

何度も練習を繰り返さないとできないようなことも

 

1度でマスターできたり。

 

 

正しい指導と、レベルの高いアドバイス、

 

小学生の時には中学生と練習し、

 

中学生の時には高校生や一般の大人と練習、

 

さらに全道1位の学校の強化合宿に参加したり。

 

中学からは、

 

自宅に卓球台と卓球マシーンが置かれ、

 

部活動が終わって帰宅後、

 

毎晩22時までは練習とトレーニングをしていました。

 

 

母が教えてくれた一番大切なものを

 

身につけたおかげで

 

今思うと相当恵まれた環境で

 

思う存分練習できていたなと思います。

 

こんなすごい環境にいて

 

毎日練習を休まず続けていたのに

全国大会で結果を出せなかった原因は?

 

 

その時、気づかなかったけれど

 

まず、性格が負けず嫌いではなかったこと。

 

練習はほぼ習慣としてできていたけれど

 

自分以外の人が決めてくれた型を

 

ちゃんとこなしていただけ。

 

完璧なフォームで

 

完璧にコースを狙えるのに

 

試合で必要な駆け引き

 

実践で学ぶ戦術など

 

そこが致命的に勝ち抜く人と差があったんですね。

 

 

今まで自分の人生で

 

過去を振り返って後悔することはないけれど、

 

卓球に関してだけは

 

本当に勿体無いことをしたとつくづく思います。

 

 

3つ上の兄は、早くからその私の足りない部分に

 

気づいていて、何度もアドバイスしてくれていたのに。

 

兄よりもずっと恵まれた環境で

 

練習できていることさえ、

 

当時の私は、いろんな場所に連れて行かれ

 

知らない人たちと練習することに

 

緊張していて、

 

感謝する余裕もありませんでした。

 

要は、守破離の守で止まっていたんです。

 

本当に正しい方法で

 

回り道せず、

 

それをコツコツ続けることで

 

最短で実力がつく。

 

これを無意識に実践できていたんだなって

 

今さら思います。

 

もう一つ、

 

幼少の頃からヤマハ音楽教室に通い、

 

エレクトーンも習っていました。

 

音楽が大好きだったので。

 

自分の好きな曲を耳で聴いて

 

鍵盤で演奏する楽しさは最高です。

 

おかげで、音楽の成績は常に5でした。

 

本当はピアノも習いたかったけれど、

 

卓球が忙しくなり、

 

中学に入ると勉強もたくさんしたかったので

 

断念しました。

 

今では自分の娘たちが吹奏楽部に入り、

 

自分ができなかったことをやってくれています。

 

子供の頃、鍛えた耳は健在で

 

音を聞くと、演奏者の心や内面が感じ取れます。

 

音楽って本当にすごいパワーを感じますね。

 

 

楽器の演奏も卓球と同じです。

 

基礎をしっかりマスターした後、

 

自分なりの音を作り上げていく。

 

譜面通り、正確に演奏できても

 

誰の心も動かしません。

 

ツヤのある音は、

 

その人らしさや、

 

演奏者がどんなことを伝えたいか、

 

それを踏まえて奏でることで

 

初めて聴く人に届きます。

 

これはビジネスにも共通します。

 

相手の感情や心を動かさなければ、

 

人と同じ『方法』だけを学んで実践しても

 

誰の目にも止まらない。

 

だって、同じようは発信をしている人が

 

山ほどいるんですから。

 

 

私はネットビジネスを知ってから、

 

卓球のようにとんとん拍子には行かなかったけれど、

 

たくさん回り道や失敗を経験して

 

もっと大切なことにたどり着けました。

 

 

あれもこれもやってみたい

 

できないことなんてない!

 

こんな欲張りな性格で

 

でも諦めるという発想は全くない。

 

 

どうしてかというと、

 

正しいことを学んで

 

コツコツ行動を積み重ねることが

 

子供の頃から当たり前だったからですね。

 

そんな環境を作ってくれた両親に

 

本当に感謝しています。

 

自分が母親になって

 

娘たちにも

 

やりたいと思うことを

 

どんどん実行する思考を持って欲しい、

 

そんふうに接しています。

 

何が言いたいのかというと

小さなことでも一つ続けて自信をつける。

 

自分を振り返ってみると、

 

この卓球や音楽を通して

 

私はたくさんの自信を積み重ねてきました。

 

それは人と比べて

 

勝っている、ではなく

 

自分の中で

 

できないことができるようになるという自信。

 

どんなことでもいいんです。

 

自信を積み重ねると、

 

決してネガティブな思考になりません。

 

行動することでできるようになることが

 

わかっているから。

 

逆に、行動しないと何も始まらないこともわかる。

 

 

自分をどんどん振り返ってみてくださいね。

 

小さなことでも

 

できるようになって

 

自信が持てたことは

 

誰にでもありますから。

 

今日はこの辺で

 

 

 

 

 

 

 

 

-マインド
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

金スマ 中居くんから学ぶこと

こんにちは YUKIです 昨夜の金スマで 中居くんがゲストの田中圭さんとの対話で 話されていたことで とても印象に残った言葉を シェアしたいと思います。 目次1 何者でもない自分でいい2 小さな積み重 …

no image

他人の決めたルール

    こんにちはYUKIです 他人の決めたルールを当たり前に受け入れて 生きていることが幸せを奪っていることについて

no image

好きなことだけ続けよう

    こんにちはYUKIです 北海道は気温の低い日が続き 風邪が流行っています。  

no image

どんなに正しく学んでも勝てないよ

  こんにちはYUKIです 以前、私が小学生の頃から卓球をやっていた話をしました。 そこから気づいた失敗談をお話しします。

no image

年末年始の過ごし方

こんにちはYUKIです 今年もあと3日で終わり! 年末年始はどのように過ごしますか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。